楽天的に行きましょう

主にデュエマとポケモン

【DM】《D2J2 ヴィスエンマ》、そのありえない強さについて


f:id:Lactee_32K:20170605011847j:image

こいつ。

私はコロコロを4冊買い、こいつを3枚も当てました。

 

今回はこのゴm…最強カードを考察していきましょう。

 

基本スペック

光文明、コスト8、パワー8000、エンジェル・コマンド/マスター・イニシャルズ。

ここまで書いたらもう気付いた方もいるだろうが、こいつはなんとあのプレミアム殿堂カード《奇跡の精霊ミルザム》と同じ文明・種族なのだ。

しかもヴィスエンマはそちらより1つ軽く、種族も多い。そんな些細なことで、と思う方もいるだろうが、デュエル・マスターズというゲームはコストが1、種族が1つ多いだけでカードの評価が一変してしまう。《ホーリー・スパーク》と《スーパー・スパーク》の違いを見ればよく理解できるだろう。

つまりこの時点でヴィスエンマはある意味ミルザムよりも優秀なカードだと言えるのだ。

そしてパワー。8000というと《超特Q ダンガンオー》や《真・龍覇 ヘブンズロージア》といったメジャーなクリーチャーを一方的に打ち取れるのである。

能力

出た時に相手の進化ではないクリーチャーをシールドに変えるというもの。そう、これは殿堂カード《魂と記憶の盾》とほぼ同じなのだ。それに前述したスペックのクリーチャーがついてきて、更に4枚積めるというのだから弱いはずがない。

シールドとは他のゾーンに比べて干渉できるカードが少なく、最も干渉しにくいゾーンと言われている。そこに相手のクリーチャーを直接叩き込めるのがシールド送りによる除去の強みだ。

更にシールドを表向きにするということは、そのシールドを安全に割ることができるということ。デュエル・マスターズにおいて、不確定要素の多いシールドを攻撃するのはリスクが伴う。そのリスクを大きく軽減できるということだ。

そしてもう1つの能力は、自分のD2フィールドが場にあれば全てのバトルに勝つというもの。これは同弾収録の《Dの堅牢 メメント守神宮》と強力なシナジーを形成する。恐らくはデザイナーズコンボだろう。

メメント守神宮の汎用性を鑑みれば、両カードをデッキに入れ、このコンボを試合中に成立させることは容易い。

 

以上の通り、《D2V2 ヴィスエンマ》は非常に強力なカードである。だが、CSや公認大会では暗黙の了解からかなかなかその姿を目にすることはない。

 

最後に

書いてて虚しくなってきました。