楽天的に行きましょう

主にデュエマとポケモン

思い出話〜中学の修学旅行の一夜〜

※当記事は生々しい表現が含まれています。

どうもラクテです。


f:id:Lactee_32K:20180412150705j:image

今回は私の思い出話です。

 

〜修学旅行の数週間前〜

修学旅行の1日目は、私と友人A、友人Bの3人で寝ることになりました。

A「俺な、男勃たせるの上手いんだぜ」

^ラ^「マジ!?」

A「ああマジだ、修学旅行の夜やってやろうか?」

^ラ^「いいよ!来いよ!」

A「あっそうだ、Bもやってやるからな^^」

B「あ…うん^^;」

この時はまだ、私(と恐らくBも)は半信半疑でした。

 

〜修学旅行1日目の夜〜

^ラ^(とうとう来てしまった…。マジでやるのかな…)

^ラ^(今は部屋に俺とAの二人きりだしな…)

A「よし、今Bいないし始めるか」

^ラ^「!?」

A「なんだよ、やるって言っただろ」

^ラ^「お、おう…」

そして、ついにAの手が私のパンツに入ってきました。

A「何だお前、包茎かよ?」

^ラ^「まあな…」

A「仕方ねえな、ちょっと剥いてみるぞ」

;ラ;「痛い痛い痛い痛い!無理無理、剥けない!」

A「あ、ごめん^^;」

私の体に密着するAの体温と吐息を感じながら、私のモノはみるみる上を向いていくのでした。

^ラ^(くやしい…でも、感じちゃう!)ビクン

しかし、流石にここで射精する訳にはいきません。

^ラ^;(ここで射精したら中学生活終わるナリ…)

゜ラ゜(そうだ!エロくないことを考えて性欲をかき消すナリ!)

A「…………まだ出そうにないか?」

^ラ^「うん…」

A「じゃもうやめとくか」

こうして、私と友人の忘れられない夜は終わったのでした。

最後に

Bは射精したらしいです。